手網焙煎やってるってよ

 お店の花壇にチューリップが咲き誇り、ピンクや黄色、赤色と賑やかになっています。間に咲くビオラも大きくなって今週いっぱいは華やいだ気分を楽しめそうです。

 そんな花壇をお昼に眺めていると、久しぶりに豆を買い来たお客様が来店です。知人から、「あの人は今、手網焙煎やってるってよ!」って言われていたので、焙煎の様子を伺うことにしました。

 何を機に始めたかは聞きそびれましたが、銀杏煎りを使って家の外で焙煎をしているそうです。何度やっても上手く焙煎できない苦労話を色々聞いていると、自分が始めた頃を思い出してアドバイスが止まりません。温度計もなく、煎り止めタイミングも分からないまま、無我夢中で何度も挑戦しては味見をし、自分が求めている香味を探す作業は魅力が一杯といった感じです。

 コーヒー豆の焙煎を自分でしている方は意外にいるもので、お店へ豆を買いにみえる方の中にも数名いらっしゃいます。自分でやっているからこそ焙煎の難しさやコーヒー豆の知識も増えることになり、コーヒーの楽しみ方も何倍にも広がる

からこそ、自分の焙煎とは異なるコーヒー豆を買いに来店されるのだと思います。

お客様と情報を交換したり、楽しみを共有できる喜びは自家焙煎店ならではかもしれません。

 手網焙煎から温度計の付いた電動の焙煎機に興味を持ったり、小型のガス加熱の焙煎機に進む人もいるなど、ハマってしまう人がいる焙煎の世界に「おいで!おいで!」をしながら、コーヒーファンが増えることを夢見ているのです。